IPアドレスの設定

IPアドレスの設定

インターフェイスにIPアドレスを設定するには、インターフェイスモードに入り、ip addressコマンドを実行します。
下記例では、FastEthernet0インターフェイスにIPアドレスを設定しています。

Router>enable
Router#config t
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#int f0
Router(config-if)#ip address 192.168.0.1 255.255.255.0

これでFastEthernet0インターフェイスへのIPアドレスの設定は完了です。
ただしこの状態ではまだFastEthernet0インターフェイスは停止状態にあります。
試しに今設定したインターフェイスに対してpingを投げてみます。

Router#ping 192.168.0.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.0.200, timeout is 2 seconds:
.....
Success rate is 0 percent (0/5)

ルータ自身が持っているインターフェイスに関わらずping応答がありません。
その理由を探るため、インターフェイスの状態を表示するshow interfaceコマンドを実行してみます。

Router(config-if)#end
Router#show int f0
FastEthernet0 is administratively down, line protocol is down
  Hardware is PQ3_TSEC, address is 001a.a25a.3b4a (bia 001a.a25a.3b4a)
  Internet address is 192.168.0.1/24
  ~ 省略 ~

様々な情報が表示されると思いますが、今大事な箇所は、
FastEthernet0 is administratively down, line protocol is down
の部分です。

「FastEthernet0 is administratively down」と表示があると思います。
これは「FastEthernet0インターフェイスは管理者によって停止状態にされている」ということを示しています。

よって、管理者がインターフェイスを有効にしてやる必要があります。
インターフェイスの有効化はno shutdownコマンドを使用します。
もう一度、インターフェイスモードに入り下記コマンドを実行してください。

Router#config t
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#int f0
Router(config-if)#no shutdown

これでFastEthernet0インターフェイスは有効化されました。
この状態でもう一度、show interfaceコマンドを実行します。

Router#show int f0
FastEthernet0 is up, line protocol is down
  Hardware is PQ3_TSEC, address is 001a.a25a.3b4a (bia 001a.a25a.3b4a)
  Internet address is 192.168.0.1/24
  ~ 省略 ~

今度は「FastEthernet0 is up」となっていると思います。
この表記は「FastEthernet0インターフェイスが有効となっている」ということを示しています。

しかしまだこの状態でも通信はできません。(pingを投げても応答はありません。)

line protocol is down」となっています。
この意味は、FastEthernet0インターフェイスとケーブルでつながっている相手側のインターフェイスが有効でないことを示しています。

この場合は、相手側のインターフェイスも有効にしてください。
もし有効になっているにも関わらずこの表示となる場合は、ケーブルの種類が間違っている可能性があります。

スイッチとつなぐ場合はストレートケーブル、
ルータ同士、あるいはパソコンとつなぐ場合はクロスケーブルを使用する必要があります。
一度ケーブルの種類を確認してみてください。

「FastEthernet0 is up, line protocol is up」となったら通信が可能となります。

Router#ping 192.168.0.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.0.200, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/4 ms

※”!”はecho応答が戻ってきた(成功した)ことを意味しています。

タグ