コンフィギュレーションレジスタ

コンフィギュレーションレジスタ

全てのCiscoルータにはNVRAMに書き込まれた16ビットのコンフィギュレーションレジスタを持っています。
コンフィギュレーションレジスタはルータのブート(起動)方法の制御に使われます。


コンフィギュレーションレジスタ値のビット列

コンフィギュレーションレジスタ値のビット列


デフォルトのコンフィギュレーションレジスタ値は「0×2102」であり、その値は、IOSをフラッシュメモリからロードし、NVRAMからstartup-configをロードすることを意味しています。

レジスタ値のビット列の組み合わせによって、ルータの起動方法を変えることができます。

主に使われる値は下表になります。

レジスタ値動作
0×2100ROMモニタを起動させる。主にパスワード復旧時に使用。
0×2101Mini IOSでブート。主にIOSのバージョンアップ時に使用。
0×2102フラッシュメモリからIOSロードし、NVRAMからstartup-configをロードする。デフォルト設定。
0×21030×2102と同じ
0×2142NVRAMからstartup-configをロードせず起動。設定が何もされてない状態で起動する。主にパスワード復旧時に使用。

コンフィギュレーションレジスタの確認

コンフィギュレーションレジスタの値を確認するにはshow versionコマンドを使用します。

Router#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C1700 Software (C1700-SY-M), Version 12.2(15)T8,  RELEASE SOFTWARE (fc2)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 10-Sep-03 05:33 by pwade
Image text-base: 0x80008120, data-base: 0x80C4F40C

ROM: System Bootstrap, Version 12.2(7r)XM2, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router uptime is 24 minutes
System returned to ROM by power-on
System restarted at 19:13:28 UTC Sun Apr 18 2010
System image file is "flash:c1700-sy-mz.122-15.T8.bin"

cisco 1721 (MPC860P) processor (revision 0x300) with 55402K/10134K bytes of memory.
Processor board ID FOC074621CX (3678440686), with hardware revision 0000
MPC860P processor: part number 5, mask 2
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
32768K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102

一番最後の行のオレンジの部分が、現在のコンフィギュレーションレジスタの値になります。



コンフィギュレーションレジスタの変更

コンフィギュレーションレジスタの値を変更するにはグローバルコンフィギュレーションモードからconfig-registerコマンドを使用します。

Router(config)#config-register 0x2100

もう一度、show versionコマンドでコンフィギュレーションレジスタの値を確認します。

Router#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C1700 Software (C1700-SY-M), Version 12.2(15)T8,  RELEASE SOFTWARE (fc2)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 10-Sep-03 05:33 by pwade
Image text-base: 0x80008120, data-base: 0x80C4F40C

ROM: System Bootstrap, Version 12.2(7r)XM2, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router uptime is 26 minutes
System returned to ROM by power-on
System restarted at 19:13:28 UTC Sun Apr 18 2010
System image file is "flash:c1700-sy-mz.122-15.T8.bin"

cisco 1721 (MPC860P) processor (revision 0x300) with 55402K/10134K bytes of memory.
Processor board ID FOC074621CX (3678440686), with hardware revision 0000
MPC860P processor: part number 5, mask 2
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
32768K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102 (will be 0x2100 at next reload)

「will be 0×2100 at next reload」と文面が増えていることが確認できます。
これは、ルータを再起動すると、変更したコンフィギュレーションレジスタの値(上記例では0×2100)が意味する方法で起動することを示しています。


※コンフィギュレーションレジスタの値はcopy running-config startup-configコマンドを使用しなくても設定が反映されます。そのため、config-registerコマンドを使用する際は注意してください。

タグ