ルータモードについて

ルータモードについて

Ciscoルータの設定をしていく上で、まずはルータモードについて理解しておく必要があります。
ルータモードは、階層的にコマンドを管理することで、ユーザーへの操作性を高めることを目的とする他に、各ユーザーによってルータへの操作可能範囲を制限することでセキュリティを確保することを可能にします。

ルータはネットワークの中枢を担っている機器となりますので、セキュリティに対しては最大限に意識する必要があります。


ルータモードの遷移図

ルータモード遷移図



ルータモードにはたくさんの種類があり、初めは覚えるのが大変かもしれませんが、階層的にコマンドが整理されることにより、一度覚えてしまえば逆に、操作に迷うことが減ります。


モード名主な概要
ユーザーモードルータ設定の確認
特権モードルータ設定の確認・読み書き、トラブルシューティング
グローバルコンフィギュレーションモードルータの設定
インターフェイスコンフィギュレーションモード各インターフェイスの設定
ラインコンフィギュレーションモードコンソール接続の設定
ルーターコンフィギュレーションモード各ルーティングプロトコルの設定


各ルータモードへの遷移コマンド
ユーザーモード コマンドなし
Router>

特権モード enableコマンド
Router>enable
Password
Router#

グローバルコンフィギュレーションモード configure terminalコマンド
Router#configure terminal
Router(config)#

インターフェイスコンフィギュレーションモード interfaceコマンド
Router(config)#interface ethernet 0
Router(config-if)#

ラインコンフィギュレーションモード line consoleコマンド
Router(config)#line console 0
Router(config-line)#

ルータコンフィギュレーションモード routerコマンド
Router(config)#router rip
Router(config-router)#

タグ